twitter
WordPressデザインまとめコーディングツール
in ハマった。 - 22 10月, 2013
by との - no comments
Thunderbirdでメールが送信できないっ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

thunderbird
 

 

制作に全然関係ないのですが、今日、Thunderbirdでメールが送信できなくなりました。

会社のマシンを使ってたのでWindows8.1にアップデートしたばかりのPC。

以前まで、スイスイ送信できていたのに、突然送信できなくなりました。

コマンド エンター

でもダメ、送信ボタンもダメ、メニューから今すぐ送信でもダメ。

2016/11/29 追記あり



Thunderbirdは最新版です。プライベートなメールはMacのSparrow – Sparrow by Google で送受信し、業務関係のメールはThunderbirdです。

http://www.mozilla.jp/thunderbird/


 

 

Sparrow
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ



 

 

以前、会社のメールがGoogle appsに移行されたのですが、OSアップデートまでは送れていた。

 

 

つまり・・・

 

 

OSアップデートのせい!?!??!?!?

焦って、いろいろググっても出てくる記事は、IMAP、POP、SMTPのアカウント情報が間違ってませんか?の記事ばかり。

 

 

ただ、

 

 

受信はできるのですが・・・?

つまりはアカウントは正しい。ということで、無駄な徹夜になるところ、ヘルプを見ると

pic

困ったら、これ!

 

 

アドオンを無効にして、送信ボタンをクリック。

 

 

 

 

 

送信できたー!!!!!!!!

 

あとは、一つづつアドオンを有効にしていくと、原因がわかりました。

 

 

 

Check and Send

https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/check-and-send/


 

 

メッセージ送信前に、メッセージの内容、アドレスをチェックします。

メッセージ送信前に以下のチェックを行えます:
(1) 事前に指定しておいた単語がメッセージ中にあり、添付ファイルがない場合に確認
(2) 事前に指定しておいた単語がメッセージ中にある場合に確認
(3) 宛先がアドレス帳にある(ない)場合に確認

最後に、本当に送信してよいか確認します。

それぞれの確認は、Check and Sendのオプションから有効・無効にできます。この拡張機能を使う前に、設定をすることを忘れないでください。

 

 

 

このアドオンは送信先を再度確認したり、特定の文字を設定すると添付忘れがないか確認してくれたり、ほんとに便利です。

 

例えば、本文中に”ファイル”があったら、添付忘れがないか確認してくれたり、CCがないと、CC入れ忘れていませんか?って聞いてくれたり。

 

 

ただ、このアドオン、以前まで自動アップデート有効にしていたのですが、あるアップデートがあってから送信できない(考えてみたら、過去にもあったぜw)事件があったので自動アップデートは切っていたんです。

 

 

しかし、Thunderbirdは自動アップデートである。

 

つまり、Thunderbirdはアップデートしてるのに、アドオンはアップデートせず。

ちなみに、現在のバージョンは0.9.27ですが、0.9.25で止めてました。

 

 

 

それが、仇となったようです。

 

もし、Thunderbirdで送信できない事態に遭遇したら、アドオンを無効にしてみることをオススメします。

 

2013年10月22日 追記 

どうやらMacでもThunderbirdをアップデートしたら発生しました。

Thunderbirdのバージョンが24.0.1になるとダメなようです。

 

 

2016年11月29日 追記

thunderbirdのバージョンが今日現在で45.5.0なのですが、また送信できなくなりました。

またアドオンを無効にしてデバッグしたところまたcheck and sendが引っ掛かった・・・

 

調べたところ

https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/check-and-send/reviews/?src=api


ここにすでに書いてました。

I was able to get this excellent add-on working again in Thunderbird 45 by using the advanced config editor to set dom.compartment_per_addon = false.

ということで、高度な設定から上記のフラグをfalseにすればいいようです。

高度な設定の変更は自己責任でお願いします!!!

このフラグをfalseにしたらどうなるのかまでは調べきれてなくてすみません(´;ω;`)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

follow us in feedly